ンゴロンゴロ保全地域世界遺産(写真・地図)

このページは「ンゴロンゴロ保全地域」の情報です。

スポンサードリンク


◆世界遺産(当サイトに付いて)

・世界遺産の緯度経度を掲載しております。
世界遺産の緯度経度は、ユネスコ公式サイトにも掲載されていますが、精度が悪く使い勝手が悪いので。当サイトでは世界遺産の、詳細な緯度経度を掲載しています。
広範囲に渡るものなどは、中心地域や中心的建造物などにスポット当てています。
また、アフリカの国立公園のような、超大規模の物も中心地域の緯度経度で表示しております。

・緯度経度のリンク先
緯度経度をクリックすると「Panoramio(地図と写真のマッシュアップサイト)」に飛びます。
世界遺産の地図と、様々な写真が載っていますので是非ご覧ください。

・タイトルのリンク先
flickr(写真共有サイト)の関連写真にリンクしています。

世界遺産を地図と写真でお楽しみください。


ンゴロンゴロ保全地域

ンゴロンゴロ保全地域











ンゴロンゴロ

中生代後期に活動していた火山のカルデラに広がる平野を指す。外輪は南北16km、東西19kmと世界有数のカルデラを持つ。クレーターの中央には湖が存在する。 ンゴロンゴロの外輪は2,400mあり、カルデラ内部の平野(1,800m程度)と比べて標高が高い。このためカルデラ内部は、カルデラ外部と遮断されており、このカルデラ内に生息する大型動物のほとんどはカルデラの外にでることはない。周囲と隔離された生態系が形成されるに至った。キリンやインパラ以外の東アフリカのサバンナに生息する動物はほぼ観察することができる。