平泉、文化遺産登録へ。小笠原諸島、自然遺産に登録へ世界遺産(写真・地図)

このページは「平泉、文化遺産登録へ。小笠原諸島、自然遺産に登録へ」の情報です。

スポンサードリンク


◆世界遺産(当サイトに付いて)

・世界遺産の緯度経度を掲載しております。
世界遺産の緯度経度は、ユネスコ公式サイトにも掲載されていますが、精度が悪く使い勝手が悪いので。当サイトでは世界遺産の、詳細な緯度経度を掲載しています。
広範囲に渡るものなどは、中心地域や中心的建造物などにスポット当てています。
また、アフリカの国立公園のような、超大規模の物も中心地域の緯度経度で表示しております。

・緯度経度のリンク先
緯度経度をクリックすると「Panoramio(地図と写真のマッシュアップサイト)」に飛びます。
世界遺産の地図と、様々な写真が載っていますので是非ご覧ください。

・タイトルのリンク先
flickr(写真共有サイト)の関連写真にリンクしています。

世界遺産を地図と写真でお楽しみください。


平泉、文化遺産登録へ。小笠原諸島、自然遺産に登録へ

世界遺産の登録への可否を専門家が事前に審査する諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)は7日(現地時間6日)、日本が再推薦した「平泉?仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」(岩手県平泉町)について、世界文化遺産として登録を求める評価結果を勧告した。

日本政府が世界自然遺産に推薦した小笠原諸島(東京都)について、候補地を審査する国際自然保護連合(IUCN)が、「記載(登録)が適当」とする評価をまとめ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会に勧告したことが分かった。環境省が7日、発表した。勧告通りに登録が認められる場合が大半で、パリで6月19日から開かれる同委員会の最終審査を経て登録される見通し。




2011年6月には平泉・小笠原諸島が世界遺産登録され、日本の世界遺産は16個となります。