世界遺産について世界遺産(写真・地図)

このページは「世界遺産について」の情報です。

スポンサードリンク


◆世界遺産(当サイトに付いて)

・世界遺産の緯度経度を掲載しております。
世界遺産の緯度経度は、ユネスコ公式サイトにも掲載されていますが、精度が悪く使い勝手が悪いので。当サイトでは世界遺産の、詳細な緯度経度を掲載しています。
広範囲に渡るものなどは、中心地域や中心的建造物などにスポット当てています。
また、アフリカの国立公園のような、超大規模の物も中心地域の緯度経度で表示しております。

・緯度経度のリンク先
緯度経度をクリックすると「Panoramio(地図と写真のマッシュアップサイト)」に飛びます。
世界遺産の地図と、様々な写真が載っていますので是非ご覧ください。

・タイトルのリンク先
flickr(写真共有サイト)の関連写真にリンクしています。

世界遺産を地図と写真でお楽しみください。


世界遺産について

世界遺産をテレビや、インターネットで見ることによって興味を持った。
私もその中の一人です。

このサイトを作るきっかけとして
実際に世界遺産を全て周る事は不可能に近いですが。
インターネットの普及で「写真や、地図から」世界遺産を肌で感じられる事が解ったからです。


実際、このサイトを作るに当たって、全ての世界遺産の写真や地図を見た訳ですが。
様々な興味深い物を知ることが出来ました。

ヨーロッパなどでは、全域にローマ帝国の遺跡が登録されており、ローマ帝国がいかに勢力を誇っていたかを実感します。
中南米のマヤ文明が非常に広範囲な事も、興味深いものでした。
自然遺産でも、フィヨルドや氷河などの成り立ちや、そこから出来た驚くべき景観に畏怖さえ感じる事もありました。
動植物の保護区も多数登録されており、自然を守ることの意義も感じることが出来ます。
闇雲に動物の保護区を世界遺産にしている訳でなく、世界遺産登録を抹消されたオマーンの「アラビアオリックスの保護区」のように、人々に守る意識が無いものへの価値を見出してはいません。

モンサンミッシェルなどの建造物も
「一体どうやって建てたんだろう?」などという、単純に驚いてしまいますし。
また、橋を作ったことで(1800年代後半)湾が埋もれていく事を回避するために、橋を見直す。
そういう、文化を守る姿勢なども興味深い物でした。


別の意味で興味深かったりするのが
「あれ?あの有名な観光地はなんで登録されていないんだろう?」
の様な事もあります。
アントニ・ガウディの作品群でも、代表作であろう「サグラダ・ファミリア」は2005年の追加登録だったりします。
これは最初に登録されなかった背景は解る気がしますが。

また、登録年度でも2000年より前に登録された物は、やはり誰もが納得するような物件が多いです。


世界遺産を見ることで、新たな発見や感動があれば。
そして、そのお手伝いが当サイトで少しでも出来れば幸いです。